マスコット 乳歯列期の早期のかみ合わせ治療・相談  2才から5

この時期の口呼吸、下突出し、不正な嚥下、指しゃぶりなどは、これから先の顔面の発育不全、不正咬合の原因になります。つまり この時期に適切に管理・助言を、行うことにより 叢生、開咬、反対咬合などの将来の不正咬合を防止できます。

                INFANT TRAINER
               インファント トレーナー

 infant

     成長期の子供の歯と
    顎の発育のために


         2〜5才



使用説明

  
Infant Treiner  @口の中にinfant TRAYNERを入れてください。


    Infant Trainer  Ainfant TRAYNERを穏やかに噛んでください。



     Infant Trainer  B唇を合わせて、鼻を通して呼吸をしてください。


インファントトレーナーは2〜5歳の乳歯列の子供に使用します。これは子供が顎の筋肉を使用している間に正しく咬むことを訓練するものです。子供に鼻を通して呼吸をさせ、正しい嚥下方と舌の位置づけを訓練させます。

これにより子供が成長した時にブラケットや抜歯のような歯列矯正治療をける必要性を防ぎます。毎日2回10〜20分の使用で子供の顎筋肉、嚥下、呼吸法に効果を与えます。

トレーナーの使用により、鼻呼吸や、正常な飲み込みができるようになり、舌の位置やその機能も正常に近づきます。上記の鼻呼吸、飲み込み、舌などに異常があれば、生え変わりの時期の歯並びに悪影響を及ぼしますから、その改善は、とても重要です。

 料金

マスコット  かむ トレーニング

    乳歯列期に、叢生や過蓋咬合等が認められる時に、噛みかたをチョッパータイプからグライディングタイプにトレーニングすることにより乳歯の傾斜が改善され歯並びがよくなります。

噛むトレーニング噛むトレーニング

模型模型

咀嚼トレーニング前の下顎歯列   トレーニングで成長した下顎歯列



マスコット子供のうけ口(反対咬合)の治療について

  3歳ころのうけ口(反対咬合)は、今までは矯正歯科に相談に行っても
このまま様子を見て あきらかな不正な状態になってから、治療に取り掛かるのがほとんどだと思います。残念ながら一般的に矯正歯科は不正咬合を直すとこ

ろで、予防する所では、ないのです。つまり歯並びが悪くなってそれを高い料金で、直す事で経営が成り立つという側面があるのです。当院では、可能であれば、なるべく早期に治療か筋機能療法のトレーニングを始めるのが、子供にも、親にもベストだと思っています。

 
うけ口にムーシールド( 3歳児検診で反対咬合と言われたら)


ムーシルド

  ■早期初期治療
  ■被蓋の改善
  ■舌圧と口唇圧のバランス
  ■舌を高位に保つ機能

  ■早期に処置の場合 3ヵ月程度で、改善します。
  ■就寝時のみ、約1年間使用、月1回調整
  ■料金
   ☆ムーシールドのご案内のページ


ホームへ