●痛くない治療

●むし歯治療

●審美治療

●高速治療

●小児の歯の治療

●子供が治療を嫌がる

●子供の歯ならび

●舌小帯異常

●歯周病治療

●歯周病ハブラシ

●摂食・嚥下治療

●イビキ予防・対策

●訪問診療のご案内

●銀歯を白い歯にしたい

●歯ぐきの色が気になる

●One Day Treatment
 (ダイレクト クラウン


●歯ぐきがみえる

●ホワイトニング

●歯が痛い

●歯ぐきが腫れた

●歯が抜けた

●仮歯をつくりたい

●入れ歯がこわれた

●入れ歯をなくした

●スマイルデンチャー

●総義歯治療

●保険と自費の入れ歯

●摂食・嚥下指導

●レーザー治療

●ミニインプラント

●入れ歯用インプラント

●インプラント

●治療費が知りたい

●保険診療料金表

●サイトマップ

 入れ歯用インプラント IOD

現在入れ歯用インプラント(IOD)は、当院では

 入れ歯用維持装置として、開発されたLODIシステムと従来のインプラントの上部アタッチメントのロケーターとOリング、マグネット等があります。

LODIシステムは、とてもすぐれたシステムですが、日本人の顎骨にもちいる場合、骨の状態が不良又骨造成が必要な場合、使うことができません。

治療が可能かどうかは、歯科用CT撮影で診断して治療方針を決めます。

LODIシステムの最大の利点は、低浸襲の治療が可能で、治療期間が短いことが
最大のメリットです。

インプラントのオーバーデンチャ-のメリットは、将来希望すれば、固定式の装置に変更が可能なことです。決点は、骨に結合する期間が、必要な事です。

また上部構造のアタッチメントを変えれば、ボールアタッチメント、マグネット式、バーとクリップなど多くの種類の治療法があり、またネジで固定式の入れ歯も可能です。

通常下顎では、3から6ヶ月、上顎では6ヶ月から1年ほど必要です。
なお希望があればその間だけの固定式の仮歯を製作する事が可能です。


 ※ LODIシステム  最新の総義歯維持装置

 1 Basic Plan  

  1. LODIシステムによるもの

  4本のインプラントとロケーター込みの料金   2.4mm又は2.9mm
  一式   ※ LODIシステム  432、000円                    

  ※骨の状態で、出来ない場合があります。
   ※即日治療可能な方法

  2.  2~4本のインプラントと維持装置の料金  (通常のインプラント)


     一式     432、000円

  ※ 2本でも、4本でも料金は、変わりません
  ※インプラントが骨に結合する期間が必要となります。
  ※他に、仮歯用インプラント費用がかかる場合があります。
  ※現在使用されている義歯を使います。

  ※メンテナンス時維持が弱くなった場合
   オーリング等の交換で 回復しますが、
   材料費として1~2万かかる事があります。

  

                           詳しくは、右をクリック IOD→
 
           ※下顎で、約2~3ヶ月 治癒を待ちます。
           ※上顎で、約6~1年  治癒を待ちます。

  3.  2本のインプラントとロケーター込みの料金 2.4-2.9mm又はインプラント

            一式    324、000円


       
  当医院で、もっとも低予算の、治療法ですが、顎堤の状態で
  選択する方法で、料金で選択するものでは、ありません。
  現在 処置は行っていません。上の2.に統一しました
                         

   ※現在使用されている義歯を使います。

 Lodyインプラントが、価格改定のため、料金が値上げになっています。
 現在 インプラントと同料金となっています。Lodyインプラントの最大の
 メリットは、インプラントの手術が低侵襲と早期治療ですが、出来れば通常の
 インプラントをお勧めします。




  
 


下顎ミニ・インプラントは全ての面で上記のIOD
  をお勧めします。



 IOD(インプラント オーバーデンチャー)
  
(参考)

下顎ミニ・インプラント
   
 1.通常 4本のインプラントとアタッチメント込みの料金
   一式 すべて込み       2.0mmx4  378,000円
                     2.5mmx4  432,000円

                    1.8mmx4 324,000円

         
 追記1. 現在IMTEC製品の製造が終了しているため
                 今後1.8mmは、使用できません。


          
追記2. 1.8mmと2mm、2.5mmの違いは、保持力が強固になり、                安定性が増加します。半面 適用できる症例が限られます

          
追記3. 入れ歯は今使用しているものを使います。

          
追記4. 現在在庫している、1.8mmのインプラントは今まで処置され                 た方の、メンテナンス用に保管しますので、新規の患者さまに                 は、使用出ません。

       メンテナンスとして アタッチメントの維持装置である 
     オーリングの交換で 元の維持力が回復します。 (約1年から2年ごと)       費用 通常 実費13,000円くらい 



モドル