●銀歯を白くしたい 

 1.保険治療では

平成26年4月から、先端デジタル技術を利用した
CAD/CAM冠保険適用になりました。

CAD/CAM冠とは
CAD/CAM冠※ と呼ばれる、先端デジタル技術を用いて製作される
ハイブリットレジンのクラウンです。
平成26年4月から、小臼歯(4番と5番)に限り保険適用となりました。
下顎の6番も、一部適用になりました。
 
CAD/CAM冠
   Computer aided design/Computer aided manufacturing の略
 ハイブリットレジン
   特殊な症例を除いて保険適用外の素材ですが、
CAD/CAM冠に使用される
   場合は保険適用になります。

  

 
          


保険適用となる
小臼歯〔4番と5番)




  
 メリット
  保険適用されているため安価。
  白い色をしている。
  天然の歯に近いため、天然の歯が磨り減りにくい。
  金属アレルギーを起こさない。

 デメリット
   保険適用内だと、前から4,5番の歯しか使えない。
   審美性は、既成のブロックを使用するため色が単調。
    強度が低く、割れやすいため歯の切削量が多くなる 
    大臼歯(6番7番)には、適用されていない
    現在 下の6番の歯にも、条件を満たしている場合
    一部適用されました。→条件左右の7番があること。
  
  料金
 
 保険適用で   

 1)神経のある歯の場合 大体3割負担の方で、 8,250円くらい
 ただし、初診・再診料等がかかります。

 保険で、認められていますが、あとがら”しみる”とか問題が
 出やすいので、おすすめしません。

     内訳    歯冠形成          796点
            印象・かみ合わせ      79点
            装着料等           90点
            CAD/CAM冠       1200点
            CAD/CAM冠用材料    484点
             維持・管理料        100点

              合計          2,749点

 2) 神経のない歯の場合(土台含)  大体3割負担の方で、 8,500円くらい
                   ただし、多少初診・再診料等がかかります。



       内訳
             土台形成・土台    26+194点
             歯冠形成(メタルコア加算)636点+30点
             印象・かみ合わせ      79点
             装着料等           90点
             CAD/CAM冠      1200点
             CAD/CAM冠用材料   484点
              維持・管理料        100点

                      合計          2,839点


  ※このように、従来の保険診療のレベルに比べて、自費治療に近い治療法です。

      

大臼歯(6番7番)の場合   →  大臼歯